【高校野球好き必見!!】埼玉県高校野球の強豪校はここだッ!!

【高校野球好き必見!!】埼玉県高校野球の強豪校はここだッ!!

高校野球好きのみなさんこんにちは!

プロ野球もいいですが、高校球児が泥臭く必死にプレーし、青春を感じさせる高校野球もいいですよね。
私自身も昔野球をやっていて、甲子園を目指していた時期もありました。

高校球児にとって、甲子園は目標とするべき憧れの舞台です。
しかし、甲子園への切符を手にするのはほんの一握りの高校だけです。
そんな競争激しい戦いを勝ち抜いていく、埼玉県の強豪校はどこなのでしょう。
(主な出身プロ野球選手の所属は2014年7月時点です。)

浦和学院

浦和学院野球部出典: http://www.asahi.com

浦和学院高等学校は、埼玉県さいたま市緑区にある共学の普通科私立高等学校です。
埼玉の強豪校と言われて、最初に思い浮かべるのが、浦和学院でしょう。

甲子園出場回数:21回 (春:9回 夏:12回)

甲子園最高成績:優勝 (平成25年第85回春大会)

<主な出身プロ野球選手>
清水隆行 (元読売ジャイアンツ)
鈴木健 (元ヤクルトスワローズ)
木塚敦志 (元横浜DeNAベイスターズ)
大竹寛 (読売ジャイアンツ)
石井義人 (読売ジャイアンツ)
今成亮太 (阪神タイガース)

春日部共栄

春日部共栄野球部出典 http://www.asahi.com

春日部共栄中学高等学校(かすかべきょうえい)は、埼玉県春日部市に所在し、中高一貫教育を提供するとともに、学校法人共栄学園が運営する男女共学の私立中学校・高等学校です。
多くのプロ野球選手も輩出しており、埼玉を代表する強豪校の一つです。

甲子園出場回数:6回(春:2回 夏:4回)

甲子園最高成績:準優勝(平成5年第75回夏大会)

<主な出身プロ野球選手>
城石憲之 (元ヤクルトスワローズ)
土肥義弘 (元西武ライオンズ)
中村勝 (日本ハムファイターズ)
本柳和也 (元オリックス・バファローズ)
小林宏之 (信濃グランセローズ)
斉藤彰吾 (西武ライオンズ)

聖望学園

聖望学園野球部出典 http://blog.livedoor.jp

聖望学園中学校・高等学校(せいぼうがくえん)は、埼玉県飯能市中山にある共学の私立中高一貫校です。
聖望学園は近年頭角を現してきており、阪神タイガースの鳥谷敬選手の出身校でもあります。

甲子園出場回数:4回(春:1回 夏:3回)

甲子園最高成績:準優勝(平成20年第80回春大会)

<主な出身プロ野球選手>
門倉健 (元読売ジャイアンツ)
小野公誠 (元ヤクルトスワローズ)
鳥谷敬 (阪神タイガース)

花咲徳栄

花咲徳栄野球部出典 http://www.asahi.com

花咲徳栄高等学校(はなさきとくはる)は、学校法人佐藤栄学園が運営し、埼玉県加須市に存在する普通科・食物科を併設する男女共学の私立高等学校です。
野球部創部8年目に監督に迎えた、桐光学園前監督の稲垣人司によって埼玉県の強豪校となり、2001年の第83回夏大会で甲子園初出場しました。

甲子園出場回数:5回 (春:3回 夏:2回)

甲子園最高成績:ベスト8(平成15年第75回春大会)

<主な出身プロ野球選手>
根元俊一 (千葉ロッテマリーンズ)
若月健矢 (オリックス・バファローズ)
阿部俊人 (東北楽天ゴールデンイーグルス)

甲子園での活躍を応援!!

以上の4校を埼玉県の高校野球強豪校に挙げさせていただきました。
ちなみに埼玉県の高校が甲子園で優勝したのは、平成25年春大会の浦和学院のみで夏大会は優勝0回です。

上記4校を筆頭に今後共、埼玉県の高校にはぜひもっともっと甲子園で活躍して欲しいですね。
浦和学院出身の大竹寛選手を始めとし、実は埼玉県出身のプロ野球選手は多くいるのです。こちらの記事も合わせてご覧ください!
【野球王国埼玉!?】埼玉県の高校出身のプロ野球選手でオールスターを作ってみた

VIVA埼玉では今後もがんばっている高校球児を応援していきます!
ファイト!埼玉!

それでは!VIVA埼玉!