【川越/博物館】川越歴史博物館は川越城や川越藩のゆかりの品多数!丁寧な説明ありの地元の博物館

画像:VIVA埼玉編集部撮影(無断利用厳禁)

埼玉県を代表する観光都市、埼玉県川越へ

今回は埼玉県は川越市という埼玉県を代表する観光都市へ訪問する機会があったので、であれば川越の歴史を知りたい!ということで、ググったところ、「川越歴史博物館」という博物館がヒット。

アクセスできない場所でもなかったので今回訪問することにしました。

結論としては川越という街の歴史を感じることができ、個人的にはとても満足できました。
こんなの触れるの?!という歴史の資料を触ることができたりして、デートでも使えるかもしれません。

川越歴史博物館へのアクセス情報としては以下の通りです。
今回は川越駅から出ている小江戸巡回バスを利用して近隣まで行きました。
平日だったからかとても空いていましたね。

車の場合
電車の場合東武東上線川越駅(本川越駅)からバスで(東武バス上尾駅西口行きほか(埼玉医大経由)「下松江町」下車徒歩5分)
東武東上線川越駅(本川越駅)からバスで(小江戸巡回バス「喜多院」下車徒歩1分)
東武東上線川越駅(本川越駅)からバスで(小江戸名所めぐりバス「成田山前」徒歩1分)

川越歴史博物館は旧石器時代から古墳時代の出土品までが揃う歴史博物館

川越歴史博物館は、旧石器時代から古墳時代の出土品が揃う博物館です。
外観はこんな感じ。インパクトがすごいです。笑

「建物老朽化、館長老朽化、でもおもしろい!」をコンセプト?!にしている建物のようですが、確かに建物は古かったです、館長らしき方もある程度年齢はご年配のようでした。

建物に入ると、いらっしゃい!と元気に出迎えてくれて、
とてもフレンドリーな店員さんでした。

営業時間10:00~17:00
定休日年中無休
入館料大人:500円 20人以上で団体料金400円
中学生:300円 20人以上で団体料金250円

建物は3階建てで全てが資料館になっています。
エレベーターはありません。

  • 1F受付・展示室(川越藩の捕り物具・灯火具・陶磁器・他)
  • 2F展示室(考古学資料・古鏡・川越城ゆかりの品・他)
  • 3F展示室(武器・武具・甲冑・他)

川越歴史博物館では試着なども可能?!歴史の資料がたくさん!

これは真剣です。笑
持ってみますか?と店員さんに声をかけてもらって、この日は平日だったので、空いていたようですが、土日はこういうのはおそらく難しいのではないかなと思います。

またこちらは鉄砲、重かったです。
こういうアトラクション性があると観光とセットで利用しやすいですね。カップルで訪問しても楽しいかもしれません。

このほかにもたくさんの歴史的には貴重な資料が満載で、歴史マニアにはたまらないんだと思います。
この日は空いていたこともあって、館内員さんがこれはこういうものでねという解説をしながら博物館を見物できたので大満足。

資料への理解も深まり、川越という街の歴史を知ることができました。

戦国マニア好きの方は、
川越歴史博物館の一番の見所は3階にある武具・甲冑はたまらないと思います。

室町・戦国時代のものを中心に、様々な種類の道具が揃っていて、NHK大河ドラマ「独眼竜正宗」に出演した兜までありました。

資料を残していこうという館長の熱い想いを感じながら川越という歴史ある街のを知るきっかけになったのでとても良かったです。
またタイミングを見て訪問したいなと思える場所でした。

住所〒350-0055 埼玉県川越市久保町11−8
電話番号049-226-0766
公式HPhttp://www.kawagoe-rekishi.com/

関連記事

  1. 【秩父/釣り】刈米マスつり場はアットホームな釣り場!その場でニジマス塩焼きにもできる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。