• Home »
  • 観光 »
  • 【のぼうの城の舞台?!】難攻不落の名城忍城

【のぼうの城の舞台?!】難攻不落の名城忍城

【のぼうの城の舞台?!】難攻不落の名城忍城

今回は埼玉県行田市にある忍城(おしじょう)を取り上げます。

皆さん忍城はご存知でしょうか?
映画「のぼうの城」の舞台で一時話題にもなりましたね!

そこで今回はそんな忍城をご紹介します。

忍城とは?

忍城出典:http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/4/45/Oshi-jo.JPG
忍城は「おしじょう」と読みます。
忍城は埼玉県行田市にあり、1469~86年の初め頃に築城されたお城です。
後ほど詳しくご紹介しますが、上杉、北条氏との戦いの際にも落城せず、石田三成の水攻めにも耐え、戦国の世を生き抜いた名城です。
関東七名城の1つに数えられています。

忍城の歴史

忍城石田三成出典:http://www.city.nagahama.shiga.jp/section/kids/rekishi/img/003.jpg
先ほど軽く、忍城が石田三成の攻めにも耐えたということに触れましたが、本当にすばらしいお城なんですね!忍城は!
以下をご参照ください!

天正18年(1590)年3月、豊臣秀吉は関東平定のため、そのころ関東を支配していた北条氏の拠点である小田原へ出陣しました。忍城主の成田氏は北条氏に属していたため、秀吉方の武将、石田三成によって攻められることになりました。
6月5日、三成は地形や季節を考えて水攻めを計画し、約1週間で延長28キロにもおよぶ堤を築き、利根川と荒川の水を引き入れるという大作戦をおこないました。
しかし、城が沈まなかったため、これを見た人々は城が沈まないのは浮くからだと考え、忍城は「浮き城」として、その名を轟かせました。現実には、忍城の地形がまわりよりも少し高かったため、沈まなかったと考えられます。
その後堤は切れてしまい、水攻めは失敗に終わりました。忍城の戦いは小田原城が7月6日に開城した後も続きましたが、最終的には開城して7月14日に豊臣軍に引き渡されました。
三成の築いた堤は、市内堤根地区に「石田堤」として、今も一部がのこっています
出典:http://www.city.gyoda.lg.jp/15/04/12/meisyo/osizyou/rekisi.html

忍城は別名「浮き城」とされていますが、その由縁は水攻めてもなお、耐え忍んだ忍城に由来しているんですね。
すごいっ!

映画「のぼうの城」の舞台忍城

のぼうの城忍城出典:http://pucchi.net/hokkaido/image_moviedrama/nobou_title.jpg
そして前述しましたが、この忍城は実は映画の舞台となりました。
その映画のタイトルは映画「のぼうの城」。

「のぼうの城」で出た忍城の写真はこちら

ちなみに、映画「のぼうの城」で出た忍城の写真はこんな感じです。
のぼうの城忍城出典:http://pucchi.net/hokkaido/moviedrama/nobou.php

のぼうの城忍城出典:http://pucchi.net/hokkaido/moviedrama/nobou.php
おー!
いいですね!

映画「のぼうの城」のあらすじは以下の通りです。

『のぼうの城』は、400年前の戦国時代が舞台。歴史上、あの豊臣秀吉が唯一落とせない城があったという。その名は「忍城(おしじょう)」。総大将は才能も勇気もないが人気だけはある”(でく)のぼう様”、軍勢はわずか500人だった。豊臣秀吉の命を受けた石田三成率いる2万の大軍に包囲され、城ごと水没させる水攻めで追い詰められた時、自分を慕う民を守るため”のぼう様”が打って出た驚愕の奇策とは?出典:http://pucchi.net/hokkaido/moviedrama/nobou.php

面白そう!
歴史物が好きな方はもちろん、そこまで好きではない方も楽しめそうな内容ですね!

ちなみに映画「のぼうの城」の予告編はこちら。

これは面白そうですね(笑)

いかがでしたでしょうか?
埼玉県にもこんな歴史あるお城が合ったんですね!

以下忍城へのアクセスです!

住所 埼玉県行田市本丸17-23
開館日 AM9:00~PM5:00(入館はPM4:30まで)
休館日 月曜日(ただし祝祭日のときは開館)、祝祭日の翌日(ただし土曜日、日曜日は開館)、毎月第4金曜日。
料金 大人200円、高大生100円、小中生50円
アクセス JR高崎線、吹上駅下車、バス行田車庫行き朝日バス(前谷経由)「忍城」降車、徒歩すぐ。または、秩父鉄道線、行田市駅下車、徒歩15分。

興味がある方は是非忍城に一度足を運んでいただき、埼玉の歴史に想いを馳せてみるのはいかがでしょうか。

それでは!VIVA埼玉!