【秩父/長瀞・カフェ】PNB-1253はガレットが自慢の、落ち着いた雰囲気の優しいカフェだった

PNB-1253秩父カフェ

今回は秩父・長瀞訪問に観光がてら訪問しました。

イチゴ狩りの帰りに早く終わったので、せっかく秩父まできたらならどこかカフェに立ち寄りたいなあと思っていて、「秩父 カフェ」で検索したところ、こちらのPNB-1253さんがヒット。

検索した感じでもとても雰囲気の良さそうなカフェだったので、訪問しました。
PNB-1253へのアクセス情報としては以下の通りです。
近くに観光地も多い場所に位置しているので、長瀞観光とセットでの利用も十分できるかなと思います。
近くに特別天然記念物の「岩畳」や、「長瀞ライン下り」で有名な人気観光地もあります。

車の場合駐車場5台
電車の場合秩父鉄道親鼻駅から徒歩8分

PNB-1253は木のぬくもりのある優しい雰囲気のカフェ

PNB-1253の入り口に入ると、ギャラリーのようになっていて、PNB-1253はどうやら個展とかにも利用されているようです。
訪問時も作品がいくつか展示されていました。

PNB-1253の内装はとにかくおしゃれ。
席数でいうと15席〜20席ほどの広さ。こじんまりとしていますが、店主の方々がとても丁寧に接していただきました。

家族経営なのかご夫婦が運営されているようでした。
外には庭があり、ヤギ君が放し飼い?にされていました。癒しです。

PNB-1253のお手製ガレットはとても優しい味のする甘さ控えめのデザート

PNB-1253のおすすめデザートはこの「ガレット」と呼ばれるデザートで、筆者自身も知らなかったのですが、食べた感じはクレープみたいなもののようです。

ガレットとは、フランス北西部の郷土料理である料理・菓子の名称で、「円く薄いもの」を意味するものだそう。
特にそば粉のガレットを指すことが多いとのことです。勉強になります。

PNB-1253のガレットは甘さ控えめで、上にアイスクリームが載っていました。
甘さ控えめなので甘いものが苦手な男性でも食べることができます。
ちなみに、PNB-1253のガレットは秩父産のそば粉を使ったガレットだそうで、地産地消も嬉しい。

コーヒーと一緒に頼むと食べやすいと思います。
コーヒーもとても美味しかったです。器もおしゃれ。
デートに、ご夫婦で利用など利用シーンを問わず使いやすいカフェかなと思います。

PNB-1253のメニューを一部紹介しておきます。
料金は様々ですが、今回は「クリームチーズ ガレット」「はちみつ ガレット」を注文しました。

半熟たまごとしゃくし菜漬けのガレット720円
はちみつ ガレット520円
クリームチーズ ガレット620円
塩キャラメル ガレット
520円
武州豚のロースハムガレット
910円

最後に、PNB-1253の店舗情報をまとめておきます。
ぜひお近くにお立ち寄りの際にはPNB-1253をご利用いただければと思います。

住所〒369-1413 埼玉県秩父郡皆野町大字下田野1253−1
電話番号+81494626323
定休日毎週水曜日 毎週木曜日 (冬季は18:30まで)(祝日は営業、振替定休あり)
営業時間[月・火・金・土・日・祝・祝前] 11:00〜19:00
公式HPhttps://pnb-1253.tumblr.com/

関連記事

  1. 【人気の秘密は!?】今、埼玉で最もアツいラーメン屋「中華そば 四つ葉」の人気に迫る

  2. 四つ葉そば

    【インタビュー!】ラーメン屋「中華そば 四つ葉」の店主岩本さんに聞く、四つ葉・埼玉への想い。

  3. cinq(サンク)北浦和カフェ

    【サンク・北浦和】CINQ(サンク)カフェの自家製サッパリケーキを堪能してきた

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。