【彩の国さいたま】の彩の国って何?

【彩の国さいたま】の彩の国って何?

あまり知られていませんが、各都道府県には「美の国あきた」や「富士の国やまなし」、「佐賀を探そう」などそれぞれにキャッチコピーがあります。もちろん埼玉県にも「彩の国さいたま」というキャッチコピーがあります。埼玉県民なら名前は何度か聞いたことはあると思います。しかし、「彩の国」って一体何のことか知っている人は少ないのではないでしょうか。

埼玉県の愛称「彩の国」とは

彩の国(さいのくに)とは埼玉県が作成した愛称です。埼玉県のPRのキャッチフレーズであり、「彩の国さいたま」を省略したものとして使われています。
この名称は、埼玉県のイメージアップを推進するために1992年(平成4年)11月14日の埼玉県民の日に公募により選定されました。「彩」は、埼玉の多彩な魅力や大きな発展の可能性を表しています。さらに、埼玉県は「彩の国」という愛称を用いることによって、「埼玉県に対する親しみや愛着を高める」ことを目的として「彩の国キャンペーンマーク」を平成5年11月14日に制定しました。

なお、彩の国という愛称はあくまでも埼玉県の使用する名称であり、さいたま市によるものではないそうで、さいたま市内において「彩の国」という名称がついている公共機関はすべて埼玉県による機関であるとのこと。

埼玉県章との違い

県章は、埼玉県を象徴するもので、規程等に基づき県旗や表彰状、職員き章等の公式的なものに使用されています。
これに対してキャンペーンマークは、「彩の国さいたま」のイメージアップ推進の象徴だそうです。県の各種印刷物や記念品、イベントなどに活用する一方、広く市町村や企業その他の団体、一般県民の方々にも、各種イベント、広報、印刷物などに活用していただくことが可能だそうです。

キャンペーンマークについて

 「彩の国キャンペーンマーク」は、埼玉県に対する親しみや愛着を高め、愛称「彩の国」の一層の普及を図るため、平成5年11月14日に選定されました。このマークは3人が手を取り、肩を組み合い、楽しく元気に前へ進もうとしているイメージを表現しているとのこと。各色は、「夢がいっぱい=ブルー」「元気がいっぱい=レッド」「自然がいっぱい=グリーン」を表しているそうです。

デザインのバリエーション

彩の国のキャンペーンマークには様々なデザインのバリエーションがあります。

彩の国のキャンペーンマーク

彩の国のキャンペーンマーク

彩の国のキャンペーンマーク

彩の国のキャンペーンマーク

彩の国のキャンペーンマーク

彩の国のキャンペーンマーク

使用禁止例

彩の国キャンペーンマークには使用規定があるそうです。
以下の様に使用禁止条件もいろいろあるそうなので、しっかりチェックしてからご利用下さい。

彩の国のキャンペーンマーク

彩の国のキャンペーンマーク

彩の国のキャンペーンマーク

彩の国のキャンペーンマーク

彩の国のキャンペーンマーク

彩の国のキャンペーンマーク

彩の国の使用一覧

彩の国は様々なところで使用されています。

彩の国まごころ国体
彩の国中核都市
彩の国だより:埼玉県の広報誌
彩の国分権モデル市町村:埼玉県独自の県の権限委譲政策
彩の国浦和記念:浦和競馬場の最大の重賞競走。2001年から2008年までこの名称で開催された。
彩の国あゝ埼玉:さいたまんぞうが歌う彩の国(埼玉県)を題材とした歌謡曲
彩の国さいたま芸術劇場:さいたま市中央区にある舞台芸術施設。
彩の国ふれあい牧場(秩父高原牧場)東秩父村
彩の国実業団駅伝大会:県内を南北に縦断して開催される東日本実業団対抗駅伝競走大会(男子)・東日本実業団対抗女子駅伝の総称。

いかがでしたでしょうか?
私自身も彩の国についてしっかり理解していなかったので、彩の国について知るいい機会になりました。
なお、今回の記事を書く際に埼玉県のホームページを参考にさせていただきましたので、埼玉県のホームページもぜひ訪れてみてください。
(出典 埼玉県ホームページ)

それでは!VIVA埼玉!