• Home »
  • 特集 »
  • 【これってホント!?】埼玉の方言”埼玉弁”にはこんなのがありました。

【これってホント!?】埼玉の方言”埼玉弁”にはこんなのがありました。

【これってホント!?】埼玉の方言”埼玉弁”にはこんなのがありました。

関西弁や博多弁など、方言は各地の特徴となりますよね。方言がない地域出身の方は一度は方言に
憧れたことがあるのではないでしょうか?
方言なんてあるの?なんて声が県内外から聞こえてきそうな埼玉ですが、
実は埼玉にも埼玉弁という方言があったのです!!

埼玉の方言”埼玉弁”とは?

埼玉弁
埼玉県は地域によって、方言に違いがあり、県東部では栃木弁や茨城弁に近く、県中央部では下町言葉に近く、県北部では群馬弁に近いです。
県西部の秩父地方には、秩父弁というものがある。入間地域は多摩弁との関連が強いとのこと。
県中部・西部のアクセントは、東京とほとんど同じアクセントと言われています。

埼玉弁にはこんなのがある!?

予想以上に埼玉弁がたくさんあったので、一部だけ紹介したいと思います。

あいく

意味:歩く

あいけんち

意味:じゃんけんぽん

いいかげんぶし

意味:いい加減。適当。

うすらっぺ

意味:嘘

おかって

意味:台所

おごと

意味:疲れた

おっちんで

意味:死んで。死んだ。

けちまぐる

意味:転ぶ

どっくむ

意味:飲み込む

はかがいく

意味:どんどんすすむ

むじっけー

意味:かわいい

やっけー

意味:めんどくさい

やのあさって

意味:あさっての次の日。しあさって。

しっちらかす

意味:ちらかす

すいる

意味:腐る

何気なく使っている微妙な言葉が実は埼玉弁だったなんてことも、
埼玉県民自身が知らないことが多かったりするかもしれません。

意外と知らない埼玉弁を調べてみるのも面白いですね。
これからは埼玉にも方言があることを県外の方にも教えてあげてくださいね。

それでは!VIVA埼玉!