• Home »
  • グルメ »
  • 【意外と知らない!?】埼玉の特産品代表、草加せんべい

【意外と知らない!?】埼玉の特産品代表、草加せんべい

【意外と知らない!?】埼玉の特産品代表、草加せんべい

さて、今回は埼玉県の特産品といえばこれ!草加せんべい!

しかし、草加せんべい自体の認知度に比べて、意外とちゃんと知られていなかったりしていませんか?
ボク自身も今回の記事を書くまで知らなかった草加せんべいの側面がありました。

そこで今回はそんな埼玉県を代表する特産品である草加せんべいについてご紹介出来ればなと思います。

草加せんべいって?

草加せんべい出典:https://www.hoodo.jp/image/store/parts/senbei-lab/goods/01330010s.jpg
草加は昔から米どころと言われていて、多くの米がとれたことから、農家の人たちは余った米を保存するために団子状にした米を乾かしたものを保存食として作っていました。
そして、大正時代ごろ、草加のせんべいにとって大きな出来事がありました。
それは草加の「せんべい」が埼玉の名産品としてそして天皇に献上されたことにあります。
これがきっかけとなって、「天皇家が召し上がったおいしい草加のせんべい=草加せんべい」として名称が広がっていったんですね。

草加せんべいってどうやって出来たの?

おさんせん草加せんべいhttp://www.city.soka.saitama.jp/ct/image000008500/080420_p6_03.jpg
草加せんべいがどうやって生まれたのかについては諸説ありますが、草加市のホームページでは最も親しまれているのは「おせんさん」という女性のエピソードです。

草加が日光街道の宿場町として栄えた頃、おせんさんという女性が街道で旅人相手の茶屋で団子を売っていました。
しかし、いつもこの団子が完売しているわけではなく、たまに売れ残ってしまうこともありました。
おせんさんは団子を捨てることはもったいないと思うものの、団子は日持ちしないのでどうしたらいいか悩んでいました。

そんなときに、茶屋の前を通りかかったお侍さんに「団子を平につぶして天日で乾かし、焼き餅として売る」というアイデアをもらい、おさんせんさんは早速焼き餅を作って売り出したところ、たちまち評判となりその焼き餅は街道の名物になったという話が語り継がれています。

草加せんべい作りもできるの?

草加せんべい出典:http://www.sokasenbei.co.jp/wp-content/themes/wpbasic3/images/inspection/p1.jpg
そんな草加せんべいですが、なんと体験で作ることもできるそう。
お店によって、値段は多少異なるものの500円前後で体験出来る所もあります。
埼玉県を代表する特産品の1つである草加せんべいの体験、すごく面白そうですね!

これは要チェックです!
気になった方は是非草加せんべい作りしてみてみてくださいね!

最後になりますが、
草加せんべいは実は、十万石饅頭、五家宝を加えて埼玉三大名菓と呼ばれていたりもしているんです。
他の2つの埼玉三大名菓についてはこちらの記事でご紹介しているので是非ご参照ください。
【うまい、うますぎるCMで話題?!】十万石饅頭に注目
【あの芸能人も大絶賛?!】埼玉三大名菓五家宝とは

それでは!VIVA埼玉!