【ジブリファン必見!!】観光穴場、「トトロの森」と「クロスケの家」

【ジブリファン必見!!】観光穴場、「トトロの森」と「クロスケの家」

さて、今回はとなりのトトロの舞台として有名な埼玉県所沢市から東京都東村山市にかけて広がる狭山丘陵(さやまきゅうりょう)クロスケの家を取り上げます!
皆さん、実は埼玉県にもジブリにゆかりのある土地や建物があるんですよ!

「となりのトトロ」とは?

となりのトトロ出典:http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/005/736/74/1/totoro.jpg

となりのトトロとは、スタジオジブリ制作の日本の長編アニメーション作品で、昭和30年代前半の日本を舞台にしたファンタジー映画です。
田舎へ引っ越してきたサツキとメイの姉妹と不思議な生き物トトロとの交流を描いた作品で、観客動員数は約80万人にも及びます。
今でも愛され続けている映画の1つですよね。

「となりのトトロ」のモデル、狭山丘陵とは?

狭山丘陵出典:http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2012/07/98e0969df95ccb0f760abaea3925c1a3.jpg

となりのトトロの舞台となった狭山丘陵は、「となりのトトロ」に登場する風景のモデルのひとつであるとされることから、作品の生みの親である宮崎駿の承諾を得て命名されました。

狭山丘陵出典:http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-19-35/paraisoislove/folder/170377/23/1171923/img_0

狭山丘陵出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/toumeioj3/20091118/20091118135152.jpg

「トトロの森」の多くは雑木林で、これは自然のままに残った森や林ではなく、長い歴史を通じて人々の生活の中とともに形づくられた二次林というべきものです。
人間と自然が一緒になって継続的な関係を結んできたんですね。

「クロスケの家」なるものも?!

クロスケの家
なんと、埼玉県所沢市には「クロスケの家」なるものも存在します!
「クロスケの家」はトトロのふるさと基金が森を守るための活動拠点として管理している古民家です。
ただの古民家ではなく、とても親しみやすい形で古民家を保存しているんですね!

ちなみに、クロスケとは、あの、となりのトトロに出てくる真っ黒クロスケです。
真っ黒クロスケ
そして、この「クロスケの家」の家にはいたるところに隠れミッキーならぬ隠れクロスケがいてとても楽しむことができます。
「クロスケの家」はジブリファンにも意外に知られていない穴場のようですね。

クロスケの家出典:http://www.jimonet.co.jp/ceoblog/wp-content/uploads/2013/07/1003256_438928432872511_1671130528_n.jpg

トトロもまたかわゆいですね!

以下クロスケの家の施設情報です。

住所 埼玉県所沢市三ヶ島三丁目1169-1
アクセス 西武池袋線小手指駅より「早稲田大学」「宮寺西」行きバス 大日堂バス停より徒歩約5分
施設HP http://www.totoro.or.jp/kurosuke/index.html

いかがでしたでしょうか。
埼玉県にはあの有名な「となりのトトロ」の舞台になる場所が意外とあるんですね!
個人的には「クロスケの家」には是非行ってみたいです(笑)

それでは!VIVA埼玉!