• Home »
  • グルメ »
  • 【今こそ解き放てッ!!】うな重じゃない!なまず重だ

【今こそ解き放てッ!!】うな重じゃない!なまず重だ

【今こそ解き放てッ!!】うな重じゃない!なまず重だ

さて皆さん、今回は埼玉県吉川市のなまずを取り上げます!
以前「満天☆青空レストラン」でも埼玉県吉川市はとりあげられていましたね!!
こちらの記事を参照ください。
【青空レストランで話題?!】埼玉県吉川市が今アツイ

それはともかく、皆さん「うな重」ではなく、「なまず重」を食べられたことはありますでしょうか。
ボクはないのですが、是非食べてみたいです。。。
そこで今回は埼玉県吉川市の「なまず重」がどれほどおいしいのかを紹介していきたいと思います!

なぜ「なまず」なの?

吉川市なまず
最近の状況として、うなぎの価格高騰が目立っていますね。
そこでうなぎの代わりになるものはないのかな、、、と日本全国のうなぎ大好き人間たちが考えました。
アフリカ産やアメリカ産などの外来うなぎは「脂が少なく風味不足」だとされ、代替魚候補としてにわかに注目されているのがなまずなんですね!

そもそもなんで「なまず重」が始まったの?

吉川市なまず
稲作をはじめとする農業が盛んだった埼玉県吉川市では、昔から川の水を引き込んだ用水路や小川が各所に流れていました。
そのような水場では、さまざまな生物の住みかとなり、中でもなまずは、いたるところでその姿を見ることができたそうです。

「なまず重」ってどんな味なの?

吉川市なまず重
蒲焼きにした場合には見た目はほぼ変わらず、味は脂を抑えたうなぎのサッパリ風味といった感じだそうです。
見た目はうなぎと変わらず、焦げた蒲焼きの香ばしい匂いが食欲をそそります。
なまずはうなぎより身がしっかりしており、歯応えは白身魚を食べている印象に近いということです。

結局「うな重」と「なまず重」何が違うの?

吉川市なまず重
結局ですが、やはり「うな重」よりも「なまず重」の方がリーズナブルに食すことが出来るのが最大の違いなようですね。
味については結構違うようなので、こちらは個人の意見に左右されるかもしれません。

とりあえず、1度は食べてみたいなーとこのボク自身はこの記事を書いていて思いました。
学生はやはり貧乏なので(笑)
皆さんも機会があれば、「なまず重」をご賞味ください!

それでは!VIVA埼玉!