【寿司/和光】太郎寿司は本格お寿司がランチ1000円とリーズナブル!店員さんも優しいお店だった

太郎寿司和光

画像:VIVA埼玉編集部撮影(無断利用厳禁)

今回は、埼玉県は和光市にある本格お寿司屋さんである「太郎寿司」をご紹介

ここはとても美味しいお寿司がリーズナブルな値段で食べられるということで、あまり皆さんに教えたくないのですが、今回ご紹介していきます!(笑)

最寄駅は東武東上線の和光市駅で、駅からはだいたい10分ちょっと歩いた場所にあります。
アクセスとしては良いとは言えませんが、無料の駐車場も併設しているので車での訪問も可能です。
車も5台ほどはありますので、車での訪問も問題なしです。

バスの場合東武バスウエスト 増09 新倉小学校前 徒歩1分(38m)
東武バスウエスト 増09 漆台 徒歩5分(350m)
東武バスウエスト 増09 下井戸 徒歩5分(390m)
電車の場合東京メトロ有楽町線 / 和光市駅(北口) 徒歩12分(930m)
東武東上線 / 朝霞駅(東口) 徒歩27分(2.1km)
東京メトロ有楽町線 / 地下鉄成増駅(出入口2) 徒歩28分(2.2km)

「太郎寿司」は特にランチがおすすめ!

太郎寿司和光

太郎寿司は夜訪問すると、一人当たり2000円〜3000円ほどしてしまいますが、おすすめはランチ。

ランチはほとんど同じメニューがなんと1000円ぽっきり!
しかもこだわりのこばち付きで男性でもしっかり満足感のあるほどの量が食べられます。

特に個人的なおすすめは、太郎寿司が豆腐屋さんから直接仕入れた出来立ての豆乳と、石垣島から仕入れた天然のにがりを使用し、女将が時間をかけて煮立てたヘルシーな手料理。
ごまソースとの相性が最高で口の中でとろけます。

そのほかに、サラダと、海鮮味噌汁がつくお得さ。すごいです太郎寿司。

太郎寿司の営業時間は以下の通りです。
ランチの時間は14時までですので、ランチ利用したい方は時間は要チェックです。

営業時間月・火・木・金・土・日・祝]
ランチ:11:30〜14:00 LO14:00
ディナー:17:00〜22:30 LO22:30
定休日毎週水曜日

「太郎寿司」店内は広々、カウンターで大将と会話も楽しい!

太郎寿司は常連さんの多い地元のお寿司屋さんといった感じで、夜にはカウンターは地元のご年配のおじさまやおばさまが楽しそうにお酒を飲んでいます。
ので、若い方はもしかするとちょっと入りにくい雰囲気もあるかもしれません。

しかしながら、そうはいってもと常連さんも気さくに声をかけてくれて、初めての方でも楽しくご飯を食べることができると思います。

席はカウンターが5、6席で、座敷が3組み分ほど。
2階には上がったことがないですが、おそらく2階にも席があるので、混んでいることはおそらくそうそうないと思いますので、ゆっくりご飯を食べることができると思います。

太郎寿司のメニューをいくつかご紹介すると以下の通りです。
まずランチメニューは以下の通りです。

にぎり1000円
海鮮丼1000円
やまかけ丼1000円
うな丼1000円
まぐろの漬け丼
1000円

今度は太郎寿司の夜メニュー。
かなり豊富なメニューが特徴で、好みのお寿司を頼んでいくスタイルも可能です。(ちょっと高く付きますが)

特上寿司2200円
上寿司1700円
中寿司1400円
並寿司1100円
太郎御前(寿司天ぷら刺身角煮お豆腐)3000円

とにかく地元の方に愛され、とても美味しいお寿司をリーズナブルな値段でいただける埼玉県和光市のお寿司やさん「太郎寿司」。
ぜひランチ時に訪問してもらいたいと思います。

最後に、太郎寿司の店舗情報をまとめて終わります。

住所 〒351-0115 埼玉県和光市新倉2丁目5−13
電話番号048-463-8644
公式HPhttp://www.tarosushi.net/

関連記事

  1. 【本庄/そば】ふれあいの里いずみ亭は、アットホームの純手打ちそば・うどんが食べられる家庭的なお蕎麦屋さんだった

  2. 【川越/メロンクリームソーダ】glin kitchen(グリンキッチン)はインスタ映え必至!綺麗なメロンクリームソーダが魅力

  3. 【ケーキ/志木】シンフラの創作ケーキが美味しすぎる!食べログ高評価の人気パティシエ地元のケーキ屋さん

  4. 四つ葉そば

    【インタビュー!】ラーメン屋「中華そば 四つ葉」の店主岩本さんに聞く、四つ葉・埼玉への想い。

  5. cinq(サンク)北浦和カフェ

    【サンク・北浦和】CINQ(サンク)カフェの自家製サッパリケーキを堪能してきた

  6. 【川越/カフェ】ハツネヤガーデンは川越のおしゃれ人気カフェ!専属パティシエによる手作りスイーツが美味しい

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

関連キーワード